人の死に直面する覚悟

仕事にやりがいを求めて、看護師を志望する人たちがいます。看護の仕事は人々の健康をサポートできる魅力ある職業です。しかし、看護師に転職するなら覚悟が必要です。

看護の仕事で問題となるのは、人の死に直面する場面が多いということです。病院では、深刻な病気や怪我の治療を受けている患者さんがいます。またホスピスでは、治療が難しいために終末期ケアを受けている人たちの姿があります。このような医療施設で働いて人の死を目にする体験は、初めての人には大きな精神的動揺をもたらします。特に看護の仕事で、長く治療に関わってきた患者さんの死であれば、看護師にとってなおさら受け入れ難いものです。

たとえ看護のプロであっても、人の死に直面すると動揺する事はあります。看護師として働く以上は、人の死を受け入れる覚悟が必要です。また看護師になる前には、どのように患者の死に向き合うかについて、専門的な知識を身につけます。医療現場では、看護師への心のケアが行われているところもあります。仕事上精神的に動揺するような出来事があれば、上司に相談したりあるいはカウンセリングが受けられます。さらに自ら専門的なカウンセリング知識を身につけるのも、人の死に関わって動揺しないための方法です。セラピストやカウンセラーの資格を取得すると、自らの心のケアに役立つ知識が得られます。さらには、精神的な動揺で悩みを抱えている看護師に対し、資格を活かして心のケアができるのもメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です